40代後半 商社勤務

春夏トレンドの紫やピンクを用いた花柄風のデザインとホワイトのワイドパンツを合わせて

オフィスにもちょっとしたお出掛けにも多用使いできそうなコーディネートです。

また、ゴールドのアクセサリーを合わせる事でスニーカーのカラーとリンクさせました。

おしゃれさだけでなくジッパーで脱ぎ履きもしやすく、歩行のサポートや膝に負担のないソールなど機能もしっかりとした優れものなので徒歩の通勤にもぴったり。

40代前半 カフェ経営

おしとやかな花柄のワンピースとのコーディネート。

何かと仕事で動くことが多いので長時間履いていても疲れにくいスニーカーを仕事用として履いています。

また最近は白黒だけでなくベージュ系のファッションがトレンドなので、イエローにすこしベージュのデザインでスニーカーとの統一感を出しました。


30代後半 アパレルショップ店員

昼と夜では、温度の差が激しいので、ホワイトの袖無しワンピースに淡い水色のカーディガンを今流行の結び方で重ねました。

アクセサリーとシューズも合わせてシルバーに。黒のかばんの細部にもシルバーを組み合わせて。

シルバーやゴールドはトレンドカラーでもあるのでおしゃれさんには必須の差し色ですね。


★ MOOMIN MAMA CAFÉ

ハーブサンダル 品番:236,251,5104

・親娘(40代母・中学生)

シーン:お家でゆったり

親子でそろってハーブサンダルを愛用。

北欧家具でお家をコーディネートしている家族は大のムーミン好き。

着心地がよい上質な素材のワンピースを着用し、お家でティータイムのひとときを。

フリルのある靴下と合わせても明るくてかわいいイメージになりますね。

仕事用

・ 40代フリーランスデザイナー(右)

淡い水色のTシャツにコットンのワイドパンツを合わせて軽やかなコーディネートに。

この春トレンドのボーダーのカーディガンも忘れずに。

ムーミンのカラフルなカフェ柄サンダルはシンプルなコーディネートを引き立たせます。

・ 30代SE(左)

久しぶりにリモート勤務からの出社スタイル。

足元にリボンのついたパンツでかわいいカジュアルスタイルに。

ポップなカラーのサンダルでワンポイント明るい差し色をいれると気分が上がりますね。


スニーカー

・30代後半 

・シーン:友人とテラス席のあるカフェにおでかけ。

・コーデ内容:淡色のデニムのワンピースで上品さを残しつつ、シンプルに。

カバンと靴を今季流行のピンクで合わせてコーディネートに統一感を出しました。

ヘアスタイルもまとめて、すっきりとした印象に。


靴のポイント:

ピンクでかわいらしい印象を引き立たせてくれます。

ザ・ピンクというカラーではなくピンクベージュのカラーなので比較的取り入れやすいカラーになります。

サイドの縫い目が足をすっきりと見せてくれることやジッパーがあることで脱ぎ履きしやすいデザインになります。

左イラスト

・40代 主婦

・シーン:保護者会の参加

・コーデ内容:暖かみのある春色で全身をコーディネート。

保護者会なので少しかっちりしたジャケットを羽織り、大人の女性らしさを演出。

足元は動きやすいようにスニーカーを選択。


右イラスト

・40代 雑誌編集者

・シーン:通勤コーディネート

・コーデ内容:春に定番のベージュカラーのトレンチコートにトレンドのボーダー柄のトレーナーをちらみせ。

全体的にシンプルだが、差し色にピンクのカバンを持つことでおしゃれ上級者に。

コートと合わせてベージュのスニーカーをチョイスすることで全体のバランスがいいコーディネートになります。


靴のポイント:(左右同じ)

春色のコーデに合わせやすいベージュカラー。

今季注目カラーのゴールドを取り入れ、トレンド感を演出。

きれいなゴールドカラーなので上品さを際立たせます。


ショートブーツ

20代 モデル

左イラスト 30代 スタイリスト

右イラスト 40代 女優


ショートブーツ/スニーカー

左イラスト 40代 女優

右イラスト 30代 OL

40代 モデル


ローファー

40代 女優

左イラスト 30代 インテリアデザイナー

右イラスト 40代 主婦

ローファー

左イラスト 40代デザイナー

右イラスト 50代女優

30代モデル


ハーブスニーカー

40代 ファッションモデル

休日スタイル

レーシーなロング丈ホワイトカーディガンをちらりとなびかせ、トレンドの大きめなバッグで海へお出掛け。

流行のマリンボーダーを取り入れ、さわやかに。

大きめのサングラスを合わせて今夏のトレンドを取り入れたファッション。

マスクも服装に合わせて、おしゃれにコーディネート。

コーディネートにも合わせやすく、人気のカラーであるベージュ×ホワイトをセレクト。

30代後半 主婦

親子揃ってムーミン好き。

この夏に、お手製のお揃いブラウスに初挑戦!

娘はスニフがお気に入り。

最近は娘とお散歩でよく歩くのでスニーカーを愛用。

二色のカラーがおしゃれを引き立たせます。

左イラスト

20代 専門学生

最近は古着を取り入れたりしたレトロなテイストのファッションがお気に入り。

今日は好きなリトルミイがモチーフのTシャツと、デニムスカートを合わせたコーディネート。

最近再ブームが到来中のハイソックスと、ポップな色使いがポイントのスニーカーを合わせて。

右イラスト

30代 主婦

毎夏恒例の避暑地にお出かけ。

アースカラーのゆったりしたワンピースと大ぶりの麦わら帽子がリラックスムードを高めます。

カーキ・ベージュ・ブラウンで統一したシックなコーディネートの足元には、シックなカラーのスニーカーを合わせて。

全体のトーンを合わせることで、まとまりのあるスタイリングが実現します。


サンダル

左イラスト

都内のカフェ巡りに友人と。

白のTシャツと黒のワイドパンツのコーディネートにゴールドのアクセント。

サンダルが二色使いなので、モノトーンコーデに合わせやすくておすすめ。

長時間歩いても安心・らくちんなサンダルなので、ちょっと長めの散歩でもOK。

右イラスト

久しぶりの屋外でのコンサートにお出かけ。

定番カラーは黒ソールだったが、白ソールも今夏から登場。

ドレッシーなワンピーススタイルにもマッチするおしゃれな編み込みデザインがお気に入り。

足を包みこんでくれるため、安定性が抜群。

母娘

仲良しの母娘でショッピングに。

海外好きの母は、リゾートテイストのワンピースをチョイス。

リラックスしたコーディネートを、上質な皮革を用いたサンダルや大ぶりのカゴバッグで引き締めて。

ヨガインストラクターを仕事にする娘は、若い頃から母の影響でストロバー好きに。

足腰に負担のかからないソールのおかげで、どんなときでも正しい姿勢を保てるのがポイント。

初夏に向けて、透け感のあるシューズを素足で履きこなしたカジュアルスタイル。

30代雑誌ライター

インタビュー場所探しを兼ねて、過ごしやすいカフェを見つけるのが趣味。

カッチリとしたテーラードジャケットを、ロールアップしたデニムでカジュアルダウン。

カフェ探しや取材で歩き回るときでも疲れにくいサンダルは、足幅の自在な調整が出来るところが◎

ツートンカラーだから、コーディネートのアクセントになる点もお気に入り。今日は白のバッグと合わせて。


ムーミンハーブサンダル

236 Moomin Family

・ 40代 料理研究家

・ 職業柄もあり、キッチンにいることが多く、キッチンの配置・デザインにこだわりをもつ。

・ キッチンにも馴染む、ムーミン柄のハーブサンダルはお気に入り。

・ 植物を置き、ムーミンとミイのぬいぐるみでボタニカル風なイメージに。

・ 窓からも陽射しが入り込む設計なので明るい雰囲気にぴったり。

5104 Little My

・ 50代 主婦

・ 屋外も歩いて履けるサンダルを履いて、愛犬のお散歩に。

・ 母親の影響を受け、ムーミン好きに。

・ リトルミイの正直な性格を気に入り、今では彼女の虜になっている。

・ 最近はグッズ集めにハマっている。

Little My flower

・ 40代 SE

・ 休日は朝からお部屋のお掃除をするのが日課。

・ 普段からリモートワークで家にいることが多く、常に履いている。

・ ずっと立ちっぱなしの家事にもってこいのサンダル、また気分を上げるために大好きなリトルミイの柄サンダルに癒しを求めている。


スニーカー

・50代 アクセサリーショップ オーナー

・自ら買い付けを行っていることもあり、海外のスタイルやトレンドに敏感。

・ロングスカートなどのエレガントなアイテムに、あえてスニーカーを合わせた海外風のスタイル。

・スニーカーのカラーと、洋服のカラーを合わせてコーディネートに統一感を出すのがこだわり。

右イラスト

・40代 音楽家

・レトロな雰囲気が感じられるアイテムが好き。

・今日は1950年代のアメリカンスタイルをイメージしたワンピースに、パールのネックレスとハンドバッグを組み合わせた上品なスタイル。

・足元は、上質な素材を使用したプレミアムスニーカー。

・フォーマルなシチュエーションでも合わせやすい品格あるデザインがお気に入り。

左イラスト

・20代 美容師

・雑誌やSNSに載ることも多い、おしゃれ上級者。

・デニムと白Tシャツのラフなスタイルに、上質なレザー小物を合わせてコーディネートを引き締めている。

・安定した姿勢を保ってくれるプレミアムスニーカーは、オンオフ問わず活躍。欠かせない1足となっている。


ハーブサンダル

右イラスト

・ 30代 主婦

・ 新米ママも安心に使えるハーブサンダルを愛用中。

・ 定番のネイビーカラー。

・ ベルトが甲をしっかりとホールドし、着脱もらくちん。

左イラスト

・ 40代 OL

・ コロナ禍による在宅ワークにも快適で、靴下と合わせることで足元の冷えも解消。

・ 1ランクアップのお家サンダルとして、愛用中。

・ 絶妙に足裏のカーブがフィットしているため、心地よく履くことができる。

・ 普段から、ハーブサンダルを着用しているがNEWデザインも集めている。

〜 脱 スリッパファミリー 〜

・ 母は、お家での家事時間が長いため、履いていると足を包み込む安心感を常に感じている。

・ スリッパのようにすぐに形の崩れないところから、今や家族全員で愛用している。


メーリージェーンシューズ

左イラスト

・就活生 

・長時間歩き回ることが多い就活生でも、問題なく活躍している。

・上質な牛革が、きちんと感を演出しており、フォーマルな場面でも履きこなせる。

・清楚な雰囲気の中でも、知性を感じさせることのできるメリージェーンを気に入っている。

右イラスト

・50代 元バレリーナ

・発売開始以来からメリージェーンを履いているため、かれこれ8年間も愛用している。

・バレエを引退した後も、足腰に優しいソールのため、良い姿勢を保っている。

・少し派手な服装を好むが、メリージェーンはエレガンスなデザインなので服装にも合わせやすいところがお気に入り。

・幼稚園に通う娘を持つ母親(30代)

・母娘でよく全身ペアルックを楽しんでいる。

・この冬、フード付きの水色のコートを新しくゲット。

・MJはソフトなフォルムで、機能性はピカイチなので、幼稚園の送り迎えにも最適。

・なおかつ、牛革製なのでプレミアムな存在感を醸し出している。


プレミアムスニーカー

・40代 会社員

・海外と日本を良く行き来する、キャリアウーマン。

・飛行機内では足のむくみも気になるので、幅の調節できるベルクロタイプがマスト。

・外反母趾もカバーしてくれるので機内ではゆったりとリラックスできる。

 また、洗練されたおしゃれなデザインと、機能性の二つを実現させているところがポイント。

・新作のピンクのキャリーケースに新調して差し色を投入。

左イラスト

・60代 主婦

・クリスマスのお買い物で一人銀座へ。

・小物は上品で気持ちが華やぐシルバーで統一。

・上質な牛革のデザインで気分もUP!

・足幅をゆったりと調節して安心感のある歩行を実現できるため、長時間の歩行も苦にならない。


右イラスト

・20代 大学生 

・おしゃれの基本は足元から。

・今季流行のミニスカ―トに合わせて。

・大人かっこいいを目指す女子学生だが、学校の帰りに遊びに行くことが多いので歩きやすくて見た目もかわいい靴を常に  選んで履いている。


プレミアムブーツ

左イラスト

・40代 主婦

・ ジャンパーワンピースに、ニットコートを羽織ってあったか冬コーデ。

・ これから寒い冬でも、沢山歩けるようにスニーカーと同じソールを使用しているため、

  機能はストロバーのプレミアムスニーカーと変わらず。

・ ブーツだが、軽量化されているため、歩きやすい。

・ 最近は美術館巡りにハマっている。

右イラスト

・ 30代 OL

・ ブーツの色に合わせて、寒色コーディネート。

・ 今年のトレンド、ショートブーツでおしゃれな足元を演出。

・ 普段、冷え性で足元が冷えやすいので、冬はブーツの愛用者。

・ 足首までしっかりとホールドされているので暖かく、歩行の際、一歩が踏み出しやすい。

・50代 雑誌編集者

・ 雑誌の撮影や企画で、新幹線での長時間の移動も多いので、

  快適な履き心地のこのブーツは欠かさず、履いていく。

・ 冬はおしりまでしっかり覆う、ロングコートがおすすめ。

  フォーマルなシーンでも、品格のあるデザインはドイツならでは

プレミアムブーツ

右イラスト

・40代後半 雑誌編集者

・ロングニットとジーンズのコーディネート。

・普段はボーイッシュで、パンツスタイルが多い。

・着脱がらくちんで、スニーカーだが、ブーツカットのおしゃれなところが一押し。

・洗練されたフォルムと、ヴィンテージジーンズと合わせて上級コーデを楽しんでいる。

中イラスト

・20代 都内の美術大学に通う女子大生 実家暮らし

・彼女のお母さんと兼用で履いている。

・深みのあるグリーンと赤のチェックスカートで秋っぽく、可愛くコーディネート。

・おしゃれにはこだわりがあり、最近は黒にアクセントの赤が入っているこのスニーカーがお気に入り。

・毎日、カラータイツとのコーデを楽しんでいる。

左イラスト

・50代前半 有楽町に勤めるOL

・スニーカーの機能はそのまま生かされているので、

・日比谷から銀座までこのシューズで駆け回る日々。

・どんなに歩いても疲れにくい。

・シューズには、品格のある牛革を使用しているので、フォーマルな場面でも大活躍するこのシューズを気に入っている。


プレミアムスニーカー

右イラスト

・ 仕事をリタイアして渋谷区の松濤に一軒家を購入。

・ 息子も結婚して、夫婦二人だけになったので、トイプードルを飼い始めた。

・ 毎朝、お散歩をしながら、新しいカフェを探したりするのが最近の日課になっている。

・ 服装は、ジャケットを羽織ることなどシックな服装が多め。

・ フォーマルな場所でも品格を醸し出す黒を愛用している。

中イラスト

・ 幼稚園に通う娘をもつ30代のお母さん。

・ 娘の運動会にシルバーのシューズを着用。

・ かかとをしっかりとホールドし、地面を蹴り出す力があるので、動く一日にはもってこいの商品だと絶賛。

・ ポロシャツにベージュのチノパンで足元は目を引くシルバー。

  動きやすさももちろんのこと、おしゃれにも気を使っている。

左イラスト

・ 出版業界で働く40代女性。海外での勤務経験あり。

・ 普段、通勤では長い距離を歩くので、膝に負担がかからないこのスニーカーを愛用している。

・ オフィスコーデにも浮かない、上質な牛革で作られたスニーカーを気に入っている。

・ スニーカーは王道の白とこだわりを持っている。

・ もちろん、仕事のときも履いているが、プライベートでお出掛けの際にも着用。どんなシーンにも活躍している。

・ 最近は健康とダイエットのために長時間のウォーキングをしている。



ハローキティハーブサンダル


初代キティチャンのファン(左イラスト)

・40代の専業主婦

・世田谷の一軒家に家族で暮らしている。

・高校生と大学生の娘が一人ずつ。

・週に3日、スーパーでパートとして働いている。

・猫を飼っており、猫が好き。

・基本料理を作ることは好きで自作のレシピ本を作成するほど。

・母の日に娘がくれたハーブサンダルがお気に入り。毎日履いている。

丸の内で働くOL(中イラスト)

・20代後半

・普段は、OLとして働いている。

・きれいめな服装を好み、ワンピースやスカートをよく着ている。

・普段、ミスディオールの香水をつけて、週末は有楽町のルミネでお買い物している。

・実はキティちゃんが好きでこっそり集めている。

・通勤はヒールのあるパンプスだが、社内ではサンダルを履いて働いている。 

幼稚園の子を持つ母親(右イラスト)

・幼稚園に通う息子が一人。

・スーパーに出かけるときに、欠かさず、キティちゃんのハーブサンダルを履いている。

・普段は、家事と子育てを両立しなくてはならないため、コーディネートが

 簡単に着られる服装(ワンピースなど)や、手を使わず、さっと履ける靴を好む。

・ビニール袋有料化に向けてエコバッグを集めており、マスクも手作りで作っている。

・小さいときからキティちゃんのグッズも集めていたため、

 息子にもキティちゃんのぬいぐるみをお下がりでプレゼント。息子も気に入って遊んでいる。